初秋にお勧め 保温素材ビブとジレ

気温が10℃前半になり、暑いのが苦手な私は、
走り易くなりました。
タイツだと、強度を上げてから、暑いし。洗濯もかさばる。
でも生脚が寒々しい。
ニッカーという手もあるけど、タイツと同じく布があるので、脚の抵抗になりそう。
そこで、お勧めがフリース素材のビブショーツ。
多分、持っている方は、ホント少数であろうから、紹介します。

この微妙な時期にピッタリです。
お腹周り、腰回りが暖かく、夏用ビブショーツとは、違います。

このタイプのフリースはもう生産中止で、新しいタイプになっているようです。
ニッカーもこのフリースタイプで欲しかった。点接触なので肌に張り付かなくて気持ちがいいんだけどなー。

もう一つのお勧めがジレ。
これも、少数派でしょう。

私は、秋冬のインナーの上に着てしまいます。
胴体がしっかり保温されるて、腕は涼しい。
厚くなったら、前のジッパーを下すだけで、全面からひんやりとした、空気を取り込むことが可能です。

一番好きなソックスは、シマノのS-PHYRE エスファイア
これは、甲の部分に滑り止めが付いている、貴重なソックスです。ペダリング効率を考えた場合、
踏むのであれば、甲で押し上げるも、同じ出なければ、ペダリング効率はあがりません。

シマノのシューズはラッピング構造で、重量増、熱喚起、コストを犠牲にしてまで甲側を押さえています。
ペダリング効率を解っている人が作っている気がします。
私の傾いた足には、熱形成できるBONTですが、シマノも気になりますね。

シマノのインソールには、指と甲の間に突起があります。
突起と土踏まずと甲で押さえる感じです。〇〇の動作の為にか?!

シューズ、インソールの特徴も判ったので、また機会があれば書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。